2015年12月24日

ちょと気になる口臭?

誰でも1度は 自分や周りの人の口臭 を意識した事があると思います。
口臭の強い方は、それだけでマイナスイメージを受ける事もあり、複数の人が行き交う人間社会では、エチケットの1つとしても是非改善していきたいものです。
しかし、逆に、口臭で悩んでいる方の多くに自臭症(本人は自分の口臭を非常に意識しているが、周りの人にはあまり不快感を与えていない)の方がいるのも事実です。

当院では、『OralChroma』口臭測定器により 

1.硫化水素  : 舌、口腔内の汚れに関係すると言われるガス
(卵の腐敗臭)
 2.メチルメルカプタン : 歯周病、う蝕に関係すると言われるガス
(玉ねぎの腐敗臭)
 3.ジメチルサルファイド :消化器系の内臓の臭いや服用薬に関するガス       (キャベツの腐敗臭)

以上3種の口臭成分ガス濃度を測定し、口臭の原因解明の目安と
しています。 


測定を希望される方は、飲食後、普段どうり歯ブラシをしてください。
但し、当日は液体歯磨き剤(リステリン等)は使用しないで食後2時間〜食前の間に来院してください。





これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



daiichi_dc at 18:08│Comments(0)口臭予防 | 口臭測定

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔